知らなきゃ損!食器洗いが簡単・効率的に出来るポイント

知らず知らず雑菌まみれ

あなたの食器洗いは間違っている?

おさらい

では皆さん食器を洗う順番は理解されていますか?めんどくさいから一気にまとめて全て洗うのは非効率ですし、尚更負担です。
まずは料理に使用した包丁やボール、まな板や鍋、フライパンなどの道具と食事に使用した食器類をそれぞれ分別しましょう。
基本的に調理に使用した物は食事の前に洗って片づけましょう。
鍋やフライパンは少し手ごわい汚れが付着している場合があるので、その場合は洗剤とぬるま湯でつけ置きします。
そして、食事の後に洗う物ですが、これも順番があります。
初めに比較的割れやすいグラスなどを初めに洗いましょう。
次に、軽い汚れのお茶碗などを洗浄し、最後に手ごわい汚れ(油汚れ)の食器を洗います。
このような流れで行うと効率的です。

秘技集

食器洗いにはこれ以上汚れを広範囲に広げない、汚れを乾燥させないための極意として「前処理」があります。
まず、汚れの拡大を防ぐために、食器を重ねないことが重要です。
特に油汚れの酷い物は尚更重ねるのはNGです。
事前にスクレーパーやペーパーでふき取っておくことも大切です。
そして汚れを落としやすくするために食器に水や湯を入れ洗剤を少々垂らし、つけ置きしておくのが有効です。
このつけ置き洗いを活用した「ため洗い」というのがあります。
例えば料理の後にすぐに洗えないものがあった時や、先ほど述べた汚れが酷い鍋や食器がある時、家族皆で食事の時間を共有したい時などに使用します。
単純に洗い桶に水や湯を張り、洗剤を投入し、食器類を入れてつけて置くだけです。
洗い落ちは格段に良くなります。


この記事をシェアする