知らなきゃ損!食器洗いが簡単・効率的に出来るポイント

知らず知らず雑菌まみれ

ちょっとした小技

状況によって

皆さん食器洗いに使う洗剤やスポンジってどのようにされてますか?おそらく何種類も使い分けてる人はほとんどいないと思われます。
実はこの洗剤とスポンジは状況に応じて使い分けたほうがいいんです。
食器用洗剤と言ってもそれぞれ機能や効果は異なります。
例を挙げると「つけると酵素の力で汚れを分解するもの」「水切れが良くて速乾性のあるもの」「スポンジの除菌効果や布巾、まな板の除菌が可能なもの」「フルーツや野菜を洗えてしまうもの」などなどです。
なのでてきとうに選ばずに自分の目的やスタイルに適した洗剤をいくつか用意しておくのが重要になります。
スポンジも同様に種類があり、「焦げついた汚れを落としやすいもの」「食器に傷が付きにくいもの」などがあるので、自分の用途にあった物を用意しましょう。

やってはいけないタブー

これから紹介する「食器洗いにおけるタブー」については、おそらく無意識にやってしまっている人がいると思います。
まず一つ目「食器を重ねる」です。
コレ、皆さんやってますよね?前述でも触れましたが、これをしてしまうと食器の裏に汚れが追加で付着してしまい手間が増えてしまいます。
単純に汚れと細菌を自ら拡大してしまっていると自覚しましょう。
その二「布巾を交換しない」です。
どういうことかと言うと、皆さん食器を拭いたりする布巾ありますよね?その布巾どれくらいの頻度で交換しますか?あるデータによると一週間使用した布巾には22億個の細菌が付着していることが判明しています。
どうですか?こうやって聞くとゾッとしませんか?この対策としては使用した布巾は風通しの良い所で乾燥させるのはもちろんですが、毎日煮沸による消毒を10分間行うのが効果的です。
そして布巾は二週間おきに取り替えましょう。


この記事をシェアする